PSGユニフォーム
パリ・サンジェルマン

パリジャンは自分たちの光の都帝にビッグクラブが欲しいと夢見てきました。そして2011年、カタ一ル人がバリ・サンジェルマンを買収して、夢のクラブを築きつつあります。

裕福になる前、
パリ・サンジェルマン(PSG)は若かったのです。この首都のクラブは1970年8月12日にできたばかり。スタッド・サンジェルマンとパリFGが合併して生まれたのです。ただし、クラブは1970年8月27日を公式の創設日としています。この日以前に何試合か戦っているけれども。

パリ・サンジェルマン(PSG)はパリ市の色から青と赤をもらい、サンジェルマン地区の白と組み合わせました。比較的短期間にそれなりの数の卜ロフィーを集めた後、フランスのクラブとしてはマルセイユに次いで2番目に、ヨーロッパでのタイトルを獲得(1996年5月8日のUEFAカップ・ウィナーズ・カップ、ラビ一卜・ウィーンを1-0でくだした)。

そして
2011年5月30日、ビッグクラブへの追い越し車線に車線変更しました。当時のカタール皇太子、シェイク・タミム・ベン・ハマド・アル・タニが率いる王室の富裕なファンド、カタ一ル・スポーツ・インヴェストメンツ(QSI)が、最初に試みてから5年後のこの時、クラブ株式の70%を買収して経営権を握ったのです。

2012年3月6日にはQSLは残りの30%も取得、唯一の株主となっていました。それ以来、オイルマネーが2008年からマンチェスター・シテイを作りかえているように、莫大なカタール資本がパリへバリへと流れ込んでいます。


(c)CopyRight(C)欧州サッカークラブの2016-17シーズン新ユニフォーム情報まとめ All Rights Reserved